不動産投資の融資をスムーズに受けるためのチェックポイント

融資知恵袋

不動産投資を行う人にとって、金融機関からの融資をスムーズに受けられるかどうかは大きな関心のある点だと思います。

最近ではサラリーマンの人の副業としても人気が高い不動産投資ですが、投資対象の不動産物件を自己資金だけで購入するというケースは非常に稀ですよね。

不動産投資の長所は、投資対象の物件を担保に入れることで金融機関から低い利率で融資を受けることができるという点です。

支払利息も含めた毎月の返済額を、家賃収入の金額が上回ることができれば、持ち出しなしで不動産投資をうまく回してくことができます。

少しでも利息の負担を小さくした上でスムーズに融資を受けられるようにするためにはいくつかコツがあります。

ここでは不動産投資を行うときに金融機関から有利な条件でスムーズに融資を受けるために知っておくべきポイントについて解説させていただきます。

これから金融機関からの融資を活用して不動産投資を始めてみようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

融資審査をスムーズに通すためのチェックポイント

不動産の融資をスムーズに通すためには、金融機関の担当者がどのようなポイントをチェックしながら審査を行っているのかを理解しておくと良いでしょう。

審査担当者が見ているのは大きく分けて「人」「物」「金」の3つの視点からです。

「人」あなたの職業としての属性を見る

まず、「人」については、あなたが不動産投資以外のビジネスでどのような収入の絵方をしているのか?がチェックされます。

不動産投資を専業で行っている人を除いて、何らかの職業についていると思いますが、その職業は大企業のサラリーマンや公務員という世間一般的に「安定している」とみられる職業の方が評価が高くなる傾向があります。

逆に、自分で事業を行っている個人事業主の人などは融資審査では不利な扱いとなってしまうのが現実です。

「物」投資対象の不動産物件に魅力があるか

不動産投資でいう「物」とは、投資する予定の不動産物件が魅力的であるかどうかということです。

より具体的にいうと、投資対象のキャッシュフローがプラスになっているかどうかということです。

不動産投資は、家賃収入から経費を差し引きして、そこから毎月の借入返済額を引いた金額を計算し、そこからさらに税金を引いた金額がプラスになっていないと長期的に見てうまく回っていきません。

計算式にすると「家賃収入ー経費ー借入返済ー税金=キャッシュフロー」ということになりますが、このキャッシュフローがプラスになっていないと融資担当者が審査を通してくれる可能性はかなり低くなってしまいます。

融資担当者に「魅力的な投資だ」と思ってもらえるよう、事業計画書などはしっかりとしてものを作成しておくことが大切です。

「金」あなたにすでに借金があるか?

最後の「金」とは、ずばりあなたの財政状況のことです。

財政状況というのは簡単にいうとあなたにいくら借金があるか、どのような資産を持っているかということですね。

あなたにすでに多額の借金があるような場合には、いかに投資対象の不動産が魅力的であったとしても融資担当者は融資審査に躊躇(ちゅうちょ)せざるをえません。

特に消費者金融などからカードローンなどの形でお金を借りていることはマイナス要因になりやすいです。

不動産投資のために融資を申し込むのであれば、こうした投資以外の借入についてはできるだけ返済した上で行うのが大切です。

 

不動産投資で融資を使うことにはどんなメリットがある?

不動産投資で金融機関から融資を受けることのメリットは、なんといっても少ない自己資金で大きな金額の投資を行うことができる点です。

これを「レバレッジをきかせる」という言い方をすることがありますが、不動産投資で金融機関が大きな資金を貸してくれる理由としては、投資対象である不動産物件に担保を設定することができるということがあります。

担保を設定するというのは、「借金を返せない時には不動産物件の所有権を渡しますよ」と約束することを指します。

お金を貸す銀行側としては、あなたに対して貸したお金が万が一返してもらえなくなったとしても、担保になっている不動産物件を売却してその売却代金からお金を回収すれば良いと考えるため、リスクが小さくなるのです。

リスクが小さくなるということはそれだけ安い金利でお金を貸してもらえるということでもあります。

一般的に不動産投資の融資利率が低く設定されているのは、このように不動産物件の担保としての効果が大きいと言えます。

 

まとめ

以上、不動産投資を金融機関の融資を利用して行うときに知っておくべき基礎知識について解説させていただきました。

不動産投資を行う人にとって、金融機関との付き合いは避けて通ることはできないものです。

金融機関からの借入の負担を小さくすることができれば、不動産投資の資金繰りを大幅に楽にすることができますので、少しでも有利な融資条件を提示してくれる金融機関を選びたいものですね。

不動産投資家にとって、金融機関とのやりとりは経験がものをいう部分も多々あります。

本文で解説させていただいた融資審査をスムーズに通すためのポイントを参考に、今回紹介させていただいた内容を役立ててみてくださいね。