【経営分析】自社内の問題を可視化する為に役立つ記事一覧

経営状況の見える化を行なう事で、戦略の見直しや方向転換の指標ともなり得る重要な役割を担う経営分析。「会社の健康診断」とも言われるこの重要な分析は、経営者自らもその基礎知識を有しておく事も非常に重要です。ここでは、それらの知識を得る事のできる記事を多数公開し、より良い経営に役立てていただけるよう努めていきます。

経営分析

保証協会とは何?利用するメリット・留意点

中小企業や小規模事業者の信用を保証してくれる保証協会。 信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づいて設立されている公的機関です。 この保証協会を実際に利用すると、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。 ...
2021.10.01
業務改善

オンデマンド型製造業が国内回帰している理由とは

コロナ禍によって世界中のサプライチェーンが破綻してしまったことで、国内の製造業が見直されています。そこで鍵となるのが「オンデマンド型の製造業」というキーワードです。オンデマンド型の製造業とは、クライアントからの注文数に対応した少量生産を実施...
経営分析

資金繰りとは?資金繰りの基礎知識を解説

資金繰りは、中小企業の経営で事業継続性を図るために重要視される項目の1つです。資金繰りの理解は複雑な面もあり、基本事項を見直したいと思っている人も多いでしょう。これから企業の経営に関わる人も押さえておきたいポイントです。 すでに経営に...
業務改善

カーボンニュートラルが目指す新たな世界と中小企業の役割

カーボンニュートラル(carbon neutral)という言葉は環境に関するもので、元来は、植物や植物から由来している燃料を燃焼させて二酸化炭素(CO2)が発生したとしても、それらの植物は成長するプロセスにおいて二酸化炭素を吸収しているので...
業務改善

中小企業における経営戦略「フレームワーク」の活用方法と事例を紹介

フレームワーク(Framework)は「枠組み」や「構造」を意味する言葉ですが、ビジネスの世界では「戦略を立案したり、改善点を抽出したり、考え方を整理したり、する場合に役立つツール」とされています。現在では様々なフレームワークが利用されてお...
業務改善

リードナーチャリングの活用による新たな顧客開拓手法について解説

リードナーチャリング(Lead Nurturing)とは、さまざまな方法で獲得することができたリード(見込み客)に、定期的にコンタクトする機会を作り出して信頼関係を築き上げながら、リードの購買の意欲向上を図る工程や方策のことです。簡単に言え...
業務改善

労働安全衛生マネジメントシステムの概要と活用の効果

OSHMSとは、Occupational Safety and Health Management Systemの頭文字を繋げたもので「労働安全衛生マネジメントシステム」を指しています。OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)は、事業...
業務改善

経営への貢献度が高い戦略的人事の構築方法について解説

人事部門は社員の採用だけでなく、人事査定や業績評価にも関わってくるので多くの従業員からは、秘密が多くて何をしているのか詳しい業務内容はよく知られていない部門の代表といえるかもしれません。多くの企業では人事部門を任されている責任者は役員である...
業務改善

経営改善とは|考えるタイミングや具体的な方法を解説

経営で問題点を抱えている、思ったように売上が伸びないなど、さまざまな課題や問題を抱えている企業も多いでしょう。経営改善について知りたい人に向けて、経営改善の概要や経営改善のやり方について解説します。経営改善を考えるタイミングや具体的な方法、経営改善を成功させるポイントなども解説するので、ぜひ参考にしてください。
業務改善

製造過程を共有することで報酬を得るプロセスエコノミーの活用方法とは

品物を製造して販売する、サービスを作り上げて提供する、といったビジネスの流れが今までは主流でしたが、昨今では製造やサービスを作っている過程(プロセス)を顧客にも共有することで報酬を得たり応援してもらったりするようなビジネスモデルが生まれてき...
業務改善

コロナ禍で拡大している雇用シェアリングの仲介ビジネスについて解説

新型コロナ感染症の影響は長引いており、世界的な流行から1年以上経ってようやくワクチン接種が始まったとはいえ、経済にも多くのダメージを与え続けています。我が国においても、3度目の緊急事態宣言が2021年4月下旬に発出されることになっており、多...
業務改善

ダイバーシティから「ダイバーシティ&インクルージョン」を重要視する社会へ

ダイバーシティ(多様性)という言葉は現在ではかなり市民権を得ている言葉になってきていますが、ここであらためてダイバーシティの意義を確認しておくと同時に、ダイバーシティと共に語られることが増えているインクルージョン(受容・包括)という言葉に関...
業務改善

オンプレミス型・クラウド型 中小企業による分散クラウドの利用について

企業におけるシステムのあり方はオンプレミス型からクラウド型へと移行していると言えます。オンプレミス型とはITシステムの機器類などのハードウェアをユーザー(企業)が自社で保有している社屋やデータセンターなどの設備の中に物理的に設置して、そのI...
業務改善

アウトソーシングの進化形態である「BPSサービス」活用する方法とは

BPSとはBusiness Process Service(ビジネス・プロセス・サービス)の頭文字を繋げたもので、従来のビジネス・ソリューションのひとつの考え方であるBPO(Business Process Outsourcing、ビジネス...
経営分析

マネタイズのマーケティングのポイント、中小企業における戦略法を解説

マネタイズとは2007年頃から使われ始めたビジネス用語で英語の「Monetize」に由来している言葉です。「収益化」「収益化する」という意味で、事業をマネタイズする、のように使われます。主にITやWebなどの業界やスタートアップ・ベンチャー...
業務改善

コロナ禍における企業破綻の現状分析と、今後の影響と対策について

新型コロナ感染症は、一般的には、2019年12月に初めて中国の武漢市で発生して、そこから世界中に拡大していった、という認識になっていると思われます。既に発生から1年を超えて、我々の社会生活や経済活動などに大きな影響を与え続けているわけですが...
業務改善

脱ハンコ社会と電子署名ツール。活用方法やメリット、注意点を解説。

働き方改革が進められている中において行政への申請文書などにおいてハンコを押印することを廃止しようという動きが加速しています。この「脱ハンコ社会」への流れの背景にはどのような理由が考えられるのでしょうか。 また、脱ハンコ社会のメリットと...
業務改善

自分の財産を管理・継承する家族信託。制度の概要・活用方法を解説

家族信託とは、「家族を信じて託す」という言葉通り、信託の仕組みを活用して、家族に対して自分の財産を管理することの委託や遺産を承継することを意味しています。家族信託は2007年からスタートしたばかりの新しい制度であり、多くの注目を集めている制...
業務改善

コンタクトレステクノロジーとは?将来性やメリット、活用事例を解説。

新型コロナ感染症が拡大する前からコンタクトレス(非接触型)の技術は徐々に普及はしていましたが、コロナ禍が長期化、深刻化するとともにこれまで以上に大きな注目を浴びるテクノロジーとなっています。 本稿では、コンタクトレス・テクノロジーとは...
業務改善

チャットボットは職場に役立つのか?概要と仕組みを解説

チャットボット(Chatbot)とは、短い文章を用いて即時(リアルタイム)に相手と会話するという意味の言葉である「Chat(チャット)」とRobot(ロボット)を表している「Bot(ボット)」という言葉をプラスしたを組み合わせた人造語です。...
業務改善

コロナ禍における新しい在宅医療ビジネスの将来性とは

日本においては65歳以上の高齢者の増加と労働人口の減少(いわゆる、少子高齢化の進展)が顕著になると言われている2040年を念頭ににおいて、「日常的に診察してもらっている医師がその立場を活かした役目を発揮することが可能な、適時適切なオンライン...
業務改善

コロナ禍における企業の決算・監査対応 通常時と異なる点を解説

新型コロナ感染症の拡大は抑制されるどころか、足元においても広がっており今後とも深刻な影響が懸念されています。そうした環境下であっても、年度末を到来しますし、企業における決算・監査や開示という業務を実施することを避けることは難しいでしょう。 ...
業務改善

ダイバーシティ経営の概要と導入のメリットとデメリット

ダイバーシティ(Diversity)には「多様性」という意味があり、大きく「表面的な多様性」と「深層的な多様性」とに分類することが可能です。表面的な多様性とは、自らの意志では変えることが困難な、人種・国籍・宗教・年齢・性別、などを指しており...
業務改善

労働力不足を補うロボット技術導入方法と気を付けるべきポイント

製造業を中心に労働力不足は深刻な状況になっており、業務の効率化を図ることは大きな課題になっています。特に中小企業にとっては、新型コロナ感染症の影響もあり、人材採用には苦戦しており、喫緊の対応が求められていると言えるでしょう。 ...
業務改善

「2025年の崖」ITシステムの今後の展開に向けた対応方針を解説

「2025年の崖」とは、2018年9月に経済産業省が発表した『「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』の中で指摘されている言葉です。既存のシステムが各事業部門で別々に構築されていることにより、全社を横断す...
業務改善

コロナ禍で活用される有望テクノロジーを徹底解説。

新型コロナ感染症の拡大は投資家の投資(出資)行動にも大きな影響を与えています。スタートアップ企業に対する投資意欲は、コロナ前までは非常に高いものがありましたが、コロナ後は投資資金を手元に保留している投資家が非常に増加し、新型コロナの動向や投...
2020.11.24
業務改善

空き家物件再生ビジネスとは?仕組みやメリット、成功事例を紹介

少子高齢化が急速に進んでいる中において、空き家の増加は大きな社会問題になっています。都市部においては、今後は、新型コロナ感染症の影響も相まって、空き家の問題以上にオフィスが埋まらないという問題が生じてくる可能性が懸念されていますが、過疎地に...
業務改善

民法改正内容とは?中小企業経営者への影響と対処法を徹底解説

1894年に民法が制定されてから2020年4月に約120年ぶりにようやく改正民法が施行されました。本稿では、民法が改正されることになった背景、改正民法の概要、中小企業を含む企業に与える影響とその対応方法、などについて詳しく解説します。 1...
経営分析

【緊急】新型コロナ対策を活用した生き残り戦略について考察します

新型コロナ感染症の拡大は日本経済に大きな打撃を与えつつあり、最終的にどの程度の被害が生じることになるのかはまだはっきりとはわかっていません。しかし日本は経済を中心に成り立っている国家であると言っても過言ではありません。新型コロナ感染症の拡大...
経営分析

流動資産とはどんな指標?流動比率を用いて詳細な財務分析を

流動資産とは貸借対照表の資産の部でどのような位置付けとして認識されているものなのでしょうか。他の資産とはどのような相違点があるのでしょうか。また、流動資産を利用した財務分析には具体的にどのような方法があるのでしょうか。本稿では、流動資産に関...
2019.08.12