自営業者が借入審査を確実に通すコツ

財務改善
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自営業を営んでいる人にとって、金融機関などから融資をスピーディに受けられるかどうかは死活問題となります。

資金繰りに失敗してしまうと最悪の場合には企業の倒産という結果を招いてしまいますから、そうならないための対策はしっかりと行っておきましょう。

具体的には、金融機関に融資を申し込んだ時の借入審査を確実に通せるかどうかが問題となります。

今回は自営業者の方が金融機関の借入審査を通すために知っておくべきポイントについて解説させていただきますので、これから融資を受けることを検討している方は参考にしてみてくださいね。

自営業者が借入審査を受ける時に気をつけておくべきこと

自営業者の方が金融機関に融資申込みをする際には、次のようなポイントを押さえておくと借入審査に通りやすくなります。

① 借入を申し込む相手を考える

② まだ取引のない金融機関の場合、小口の資金から申し込む

③ 審査担当者が支店長に話をしやすいように配慮する

以下、順番に解説させていただきます。

① 借入を申し込む相手を考える

まずは「どこに融資を申し込むか?」が重要です。

中小企業経営者の場合、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行といった大手銀行に融資申込みをしても門前払いとなってしまう可能性が極めて高いです(事業者向けのカードローンなどは別ですが)

中小企業経営者の方がメインとして考えるべき金融機関は日本政策金融公庫などの公的金融機関か、信用金庫や信用組合といった地域密着型で地元の事業者を主なターゲットとしている金融機関です。

あるいは、地方公共団体が信用保証協会の保証を前提に行っている制度融資も選択肢として有力です。

これらの金融機関であれば自営業者の方に適した融資商品を提案してもらうことができますから、普段から資金繰りの選択肢として考えておくと良いでしょう(後で説明させていただくように、金融機関とは普段からの付き合いが大切です)

② まだ取引のない金融機関の場合、小口の資金から申し込む

まだ一度も取引をしたことがない金融機関の場合、いきなり大きな融資金額の申し込みをしても審査落ちとなってしまう可能性が高くなります。

金融機関は過去の信用実績を重要視する傾向がありますから、最初から大きな金額を借りるとなるとハードルがかなり高くなってしまうのです。

ですから、まずは小口の資金で融資を申し込みしてみると良いでしょう。

小口の資金であれば事業が納税をきちんと行っており、事業が黒字であれば融資に通してもらえる可能性が非常に高いです。

小口融資の返済を期日通りに行うことで信用実績を作り、その後に大口の資金を融資してもらえるように働きかけるのが長期目線での資金繰り対策として有効といえます。

このように、金融機関との付き合いでは事業の状況が明るいうちに金融機関との付き合いを行っておき(つまり返済実績を作っておき)、将来的に資金繰りが苦しくなったときにスピーディに借入審査を通してもらえるようにしておくことが大切です。

③ 審査担当者が支店長に話をしやすいように配慮する

いうまでもないことですが、金融機関の審査担当者もサラリーマンです。

彼らには自分の上司として支店長という人たちがいて、あなたが融資網込みをしたときには「融資案件」として上司にプレゼンをして融資を通せるかどうかを判断してもらわなくてはなりません。

そのため、審査担当者とやりとりをするときには常に「彼らが上司にプレゼンをしやすくするにはどうしたら良いか?」ということを考えておくことが大切です。

具体的には事業の状況や将来性については事業計画書を詳細に作り込むとともに、融資金の使い道についてはできる限り具体的にしておくことが大切です。

設備投資を行うための資金なのであれば購入予定の設備の見積もり書を添付するのはもちろん、将来的にその投資によってどの程度の利益アップが見込めて投下資金の回収はいつごろになりそうなのか、というところまで説明しておくと良いでしょう。

運転資金としてお金を借りたいのであれば、自己資金だけで事業が回せていない現状をきちんと反省する姿勢を見せた上で、直近の資金繰り表を使っていつごろ資金繰りが好転する予定なのかということを説明しなくてはなりません。

借入審査を受けるときには、審査担当者と協力してさらに上層部の審査権限者を説得するというスタンスでのぞめば、審査担当者に経営者として知らせておくべきポイントが見えてくるはずです。

 

まとめ

以上、自営業者が借入審査を受けるときに押さえておくべき基本的なポイントについて解説させていただきました。

本文でも解説させていただいた通り、資金繰りを適切に行うためには、普段から金融機関担当者との関係を作っておくことが大切です。

具体的には事業が黒字で回せているうちから小口の融資を受けるなどして支払い実績を作っておき、将来的に事業の資金繰りが苦しくなったときに融資を受けやすいようにしておくことが大切です。

これから金融機関の融資を利用することを検討している自営業者の方は参考にしてみてくださいね。