お金の流れを見える化!エクセルで資金繰り表・入出金予定表を作る方法

エクセルで資金繰り表・入出金予定表を創るイメージ図 経営分析

みなさんは、資金繰り管理を行うときはどのようにされているでしょうか?

①会計ソフトで管理
②日繰り表を作成して手書きの用紙で管理
③エクセルで管理
④通帳の残高を見て管理
などがあると思います。

その中で、今回はエクセルで管理する『資金繰り表エクセル』についてお話をさせて頂きます。

 

資金繰りをエクセルで管理するメリット、デメリットについて

メリット

資金繰り表をエクセルで管理する一番のメリットは、やはり汎用性が高いところです。

会社によって、お金の流れは複雑で、お金の入金が毎日あるところもあれば、月末にまとまって入金のある会社もあります。また、支払方法も会社によっては、手形で支払う、銀行振込などいろいろな方法があります。
そのため、会社の形態にあった、資金繰り表を作成するには、加工のしやすいエクセルが一番使い勝手がいいかと思います。

デメリット

担当者のレベルにより、完成度が変わってします。
資金繰りソフトを利用すれば、同じような出来上がりになるのですが、汎用性が高い分担当者のレベルにより完成度が変わってきます。

 

実際の資金繰り表エクセル

では、日繰りでのエクセルでの資金繰り表を見てみましょう。

一番シンプルなエクセルでの資金繰り管理表は下記の形式になると思います。

例)
エクセルでの資金繰り管理表

作成のポイント

  • 預金残高がわかるようにしましょう。
  • 借入の返済、固定資産の購入などの入力を忘れないようにしましょう。
  • 日ごとに作成をしておりますが、月単位にもエクセルのために簡単に変更ができます。
  • 減価償却費などのお金の支払いが発生しない経費の入力は不要です。

 

予実比較の資金繰り表エクセル

では、次に、予算と比較した資金繰り表を見てみましょう。

予算と実績を比較するのが、資金繰りを行う上で非常に重要になりますので、先ほどの表を利用して、予実比較の資金繰り表を作成してみましょう。

先ほどの表に予算の列を追加するのみで作成することが可能です。

例)
エクセルでの資金繰り管理表に予算の列を追加

税込or税抜のどちらで管理するのか

資金繰り管理は、お金の支払額を把握したいたために、税込で入力をしてください。

おすすめ記事:現金出納帳はどう使う?現金出納帳の目的と項目は

 

エクセルの主な関数について

エクセルで資金繰り表を作成するうえで、覚えておきたいエクセルの関数を3つだけ紹介をさせて頂きます。

SUM

合計の数式になります。

A1+A2+A3+A4を=SUM(A1:A4) と入力することで、合計ができます。

SUMIF

条件にあった、値のみ合計をすることができる関数になります。

例えば、下記のように科目別に値が並んでいるときに、借入の合計のみ集計することができます。

仕入500

仕入500

経費400

経費400

借入300

借入300

VLOOKUP

VLOOKUPは、指定した範囲の中から検索条件に一致したデータを検索し、取り出してくれる関数です。

例えば、銀行データをCSVで出力して、そのデータを資金繰り表に転記する場合などに使います。
この関数を利用すれば、銀行のインターネットバンキングのデータを利用して入出金データを資金繰り表に入力する作業をなくすことができ、資金繰り表を簡単に作成することができます。
注意点は、重複しないキーが必要になりますので、銀行口座番号など重複しないキーを利用して、作成をしてみてください。

 

まとめ

今回は、エクセル資金繰り表の初歩的なことについてご説明をさせて頂きました。最初は簡単な表を作成して日々の業務の中で、是非、改善をして最適な資金管理表をできるようにしましょう。

最初から、難易度の高い表を作成するより、最初は簡単な表から作成するのがいいかと思います。
また、エクセルの表をグラフなどにして経営陣に説明すれば、より会社の財務が見えてくると思いますので、是非チャレンジしてみてください。

おすすめ記事:誰でも作れます!キャッシュフロー計算書の作成方法 ~応用編~