PR

ファクタリングはやばい?違法?悪い噂を徹底検証

業務改善

ファクタリングって最近よく聞くけど危ないんじゃないの?
ちゃんとした資金調達手段なの?詐欺やヤミ金なんじゃないの?と不安になっていませんか?

今回はファクタリングが安全なのかどうか、安全なファクタリング会社はどこなのか、をお伝えします。

1.ファクタリングは危険?

ファクタリングと調べると、検索窓の予測に違法と出てきて不安になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、ファクタリングは違法ではありません。

ファクタリングは事業者が保有している売掛債権をファクタリング業者に売却する“債権の売買”に過ぎず、債権の譲渡(売買)は法律で認められています
違法どころか、むしろ国が推進している資金調達手段のひとつなんです。

銀行からの融資などの従来の資金調達手段の多くは、不動産などの担保を要するため、そもそも不動産を保有していない中小企業や個人事業主にとって非常にハードルの高いものでした。
また、仮に融資を取り付けたとしても、売上が伸びて利益が上がっているにも関わらず返済に苦しめられ黒字倒産してしまうケースも少なくありません。

経済産業省は、上記のようなケースを減らし、中小企業が不動産担保に過度に依存せずに資金調達ができるよう売掛債権担保融資やファクタリングといった売掛債権を利用する資金調達手段の利用を促進しています。

ファクタリングは担保や保証人が不要かつすでに保有している債権の売買に過ぎず、利用ハードルが低いため利用者が増えているのです。

参考:中小企業庁「売掛債権の利用促進について」

 

(1)ファクタリングは借り入れなのか?

ファクタリングは、銀行などの金融機関からの融資(売掛債権担保融資を含む)やビジネスローンと異なり、借り入れではありません

あくまでも取引先に発行済の請求書などの売掛債権の売却に過ぎないため、負債になりません。

負債にならないということは、自己資本比率が悪化しないとも言い換えられます。

もちろん銀行などの金融機関も自己資本比率だけで融資の可否を決めているわけではありませんが、おいおい銀行から融資を受けたいときに負債の額が少なく自己資本比率が高いほうがスムーズに審査が進むでしょう。

 

(2)悪質なヤミ金業者に注意

ファクタリングはまだ法整備が十分ではないため悪質な業者が存在しているのも事実です。

前述のとおり、基本的にファクタリングは債権の売買なので担保や返済義務がないはずですが、悪質な業者に捕まってしまうと担保を取られたり返済義務を負わされたりする場合があります。

また、手数料の上限が法律で決められていないため、現状ファクタリング業者が自由に手数料を設定しています。

ファクタリングの買取手数料の相場は1%~25%と言われています。

相場を大幅に超える手数料を設定していたり、手数料以外に諸費用や手付金が必要だといって高額請求をしてくる業者に気をつけましょう。

悪徳業者に捕まらないため、契約する前に確認すべきポイントを6つ挙げてみました。

1)債権譲渡契約になっているかどうか
2)償還請求権(リコース)なしになっているかどうか
3)担保・保証はついていないか
4)手数料の上限はいくらか
5)手数料の金額は妥当か?債権金額に対して買取額が著しく少額になっていないか
6)事務所実態があるかどうか

少しでも不安な部分があるときは、焦らず別のファクタリング業者にも問い合わせてみましょう。
早急にお金が必要だからといって下調べをせずに悪徳業者に捕まってしまうと、手元資金を増やすはずが、手元からお金がなくなってしまいかねません。
ファクタリングを利用する際は、焦らないことが重要です。

参考:金融庁「ファクタリングの利用に関する注意喚起」

 

 

2.ファクタリングのメリット・デメリット

そもそもファクタリングを利用するメリットとデメリットはどのようなものがあるのか確認してみましょう。

ファクタリングを利用するメリット

・売掛債権の回収リスクが減る
・従来の資金調達手段よりも素早い現金化
・売掛債権の売却なので負債として貸借対照表に載らない
・取引先の状況で買取可否を判断するので自社の経営状況に左右されない

ファクタリングを利用するデメリット

・一定の手数料の他に諸費用が発生する場合も
・債権の金額が調達できる資金の上限額になる
・取引先に知られると関係が悪化する可能性がある

銀行融資にもメリット・デメリットがあるように、ファクタリングにもメリット・デメリットはあります。
今の事業の状況でファクタリングの利用が有効かどうかよく考えた上で利用しましょう。

ファクタリングの仕組みについては【経営者必見】ファクタリングとは?仕組みを図解でわかりやすく解説の記事でも詳しく説明していますので一読をおすすめします。

 

 

3.優良ファクタリング会社 15選 比較表

1.の章ではファクタリングは危険なものではないが、利用には注意が必要だとお伝えしました。

違法でもないし危険ではないとわかっても、いざ自分が利用するときに一社ずつ悪質な業者かどうか見極めるのは大変ですよね。

ここからは、経営改善ラボが厳選した優良なファクタリング会社をいくつかご紹介します。
15社すべて法人、個人事業主どちらにも対応しています。
詳しい買取下限額や買取上限額、手数料などは見積もり時に決定されますのでまずは見積もりを取ることが大切です。

サービス名をクリックすると各社HPへ飛びます
サービス名 手数料 買取
下限額
買取
上限額
審査
スピード
入金
スピード
非対面
契約
債権譲渡登記 注文書
買取
一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 1.5%~10% なし 最短30分 最短即日 応相談 ×
ベストファクター 2%~20% 30万円 1億円 最短5分 最短即日 × 原則必要 ×
ファクタリングZERO 1.5%~10% 20万円 5,000
万円
最短30分 最短即日 原則不要 ×
ビートレーディング 2%~12% なし なし 最短30分 最短
2時間
応相談
トラストゲートウェイ 3%~10% 10万円 5,000
万円
最短即日 原則必要 ×
トップ・マネジメント 0.5%~12.5% 30万円 1億円 最短30分 最短即日 必要 ×
いーばんく 4%~9% 30万円 2,000
万円
最短即日 最短即日 ×
アクセルファクター 2%~10% 30万円 なし 最短
1時間
最短
3時間
応相談 ×
SOKULA 2〜15% 最短
2時間
最短即日 原則必要 ×
QuQuMo(ククモ) 1%~14.8% なし 30分 最短
2時間
不要 ×
PAYTODAY 1%~9.5% 10万円 なし 最短15分 最短
30分
不要 ×
株式会社No.1 1%~15% 50万円 5,000
万円
最短即日 最短即日 応相談 ×
MSFJ 1.8%~9.8% 30万円 5,000
万円
最短即日 最短即日 応相談 ×
LINK 2%~14.9% 1億円 最短
2時間
最短
2時間
原則必要 ×
EasyFactor 2%〜8% 10万円 5,000
万円
最短10分 最短
60分
不要 ×

各社買取実績も豊富手数料も納得できる設定のところばかりですが、各社手数料の判断基準や入金スピードは様々です。
ご自身の事業に合った業者を選ぶために最低でも3社は相見積もりを取るようにしましょう。

最低3社からは見積もりを取りましょう。
入金スピードが早いが手数料が高い、入金スピードは少し遅いが手数料が安いなどといった各社の色がわかります。

 

 

4.優良ファクタリング会社 15選

比較表に記載の各社の特徴を簡単にまとめてみました。
ご自身の希望に沿った会社はどこなのか?どういったことを重視したいか?をチェックしておきましょう。

(1)一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構は非営利団体のため他社に比べると手数料が低めに設定されています。
経営者の資金調達サポートを目的としており、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関なので補助金申請の支援も可能です。
ファクタリングだけでなく、資金調達、事業再生、M&A・事業承継、事業マッチングなど幅広く対応しているのでファクタリング以外の資金繰りの相談ができる点が大きな特徴といえます。

2社間、3社間の取扱いあり
ファクタリング以外の資金繰りの相談もOK
手数料は1.5%~10%
最短即日入金
オンライン完結も可能
運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 1.5%~10%
買取金額 上限なし
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 応相談
必要書類 請求書・契約書(など売掛金の発生がわかるもの)、
通帳コピー(3ヶ月分)、本人確認書類、指定の申込書

 

(2)ベストファクター


ベストファクターは2社間、3社間、医療ファクタリングに対応しているファクタリングサービスです。
電話やメールで申し込み、FAX・メール・オンラインで書類を提出し、対面での契約を行います。訪問できる方は即日入金が可能な場合もありますが、担当者に来てもらう場合即日入金は厳しいため、気を付けましょう。
また、ファクタリング利用者には財務コンサルティングサービスが付帯しているので、資金繰りの改善も相談できるのが大きなメリットです。

2社間、3社間、医療ファクタリングなど幅広く取り扱いあり
手数料は2~20%
最短即日入金
対面契約必須
申し込みを電話、書類提出をFAXで行えるのでパソコン操作が苦手な方でも利用可能
運営会社 株式会社アレシア
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2%~20%
買取金額 30万円~1億円(即日入金は1,000万円まで)
入金スピード 最短即日
非対面対応 ×
債権譲渡登記 原則必要
必要書類 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)
本人確認書類、通帳コピー

 

(3)ファクタリングZERO



ファクタリングZEROは西日本エリア限定でサービスを展開しているファクタリング会社です。
HP上で手数料や買取可能額の上限下限が示されているので問い合わせなくてもどの程度で買い取ってもらえるのかがイメージできます。
また、審査通過率96%とほとんどの債権を買い取っている実績があり、他社に断られた債権も柔軟に対応してくれます。
利用回数に応じて手数料も下がっていくので、長期的な資金繰り改善のためにファクタリングを利用したい方におすすめです。
九州・中国・四国・近畿の西日本エリアでファクタリング会社を探している方におすすめです。

2社間、3社間、医療ファクタリング
手数料は1.5%~10%
非対面契約可能
期間限定で買取手数料最大5%割引キャンペーン実施中
運営会社 株式会社スリートラスト
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 1.5%~10%
買取金額 20万円~5,000万円
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 原則不要
必要書類 身分証、通帳(web通帳含む)、請求書
※追加書類が必要な場合あり

 

(4)ビートレーディング

ビートレーディング月間800件の契約数を持つ実績のあるファクタリングサービスです。
2社間、3社間、医療ファクタリングに対応しています。
また、一般的にファクタリングとは請求書を買い取ることを指しますが、注文書の買取りも行っているのが大きな特徴の一つです。
問い合わせから契約までオンラインで完結できますが、電話問い合わせや対面契約も可能なので直接担当者とやり取りがしたい方にもおすすめです。

2社間、3社間、医療ファクタリングにも対応
手数料は2%~12%
最短2時間で入金
オンライン完結可能(対面対応も可能)
注文書の段階でも買い取ってくれる
運営会社 株式会社ビートレーディング
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2社間:4~12%
3社間:2~9%
注文書:7%~
買取金額 買取実績:3万円~7億円
注文書:10万円~3億円
入金スピード 最短2時間
非対面対応
債権譲渡登記 応相談
必要書類 契約書・発注書・請求書(売掛債権に関する資料)、
通帳コピー(表紙付2か月分)

 

(5)トラストゲートウェイ



トラストゲートウェイは九州・中国・関西といった西日本エリアの買取りに力を入れています。
2社間、3社間、医療ファクタリングに対応しています。
ファクタリングだけでなく、財務改善プログラムも提供しているので、一時的な資金繰りの改善だけでなく長期的な資金繰り改善を行いたい方におすすめです。

2社間、3社間、医療ファクタリング
手数料は3%~10%
完全非対面対応
最短即日入金
財務改善プログラムを提供
運営会社 株式会社トラストゲートウェイ
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 3%~10%
買取金額 10万円~5,000万円(審査次第で1億円まで調達可能)
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 原則必要
必要書類 成因資料(発注書、納品書、請求書など)、
代表者の身分証明書類と住民票、
決算書コピー(直近3年分)、通帳コピー、基本契約書

トラストゲートウェイ 公式サイトはこちら

 

(6)トップ・マネジメント



トップ・マネジメント総買取件数55,000件を超える実績のある株式会社トップ・マネジメントが提供しているファクタリングサービスです。
オンラインで契約を完結することもできますし、対面での契約も可能です。
他社との大きな違いはオンライン契約の場合でもzoomミーティングで担当者と顔を合わせて契約面談を行う点です。
担当者の顔が見えるほうが安心できるができるだけ早く資金調達がしたいという方におすすめのサービスです。

2社間、3社間ファクタリング
診療報酬・介護報酬の買取も可能
手数料は0.5%~12.5%
オンライン完結契約可能(zoomでの面談あり)
運営会社 株式会社トップ・マネジメント
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 0.5%~12.5%
買取金額 30万円~1億円(取引先1社あたり)
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 必要
必要書類 ※オンライン完結型の場合
事業主様の本人確認書類
売却希望(売掛金)の請求書
昨年度の決算書
直近7ヶ月の入出金明細

トップ・マネジメント 公式サイトはこちら

 

(7)いーばんく



いーばんくは2社間契約で最短即日入金が可能なスピードプラン、3社間契約で最大2,000万円まで調達可能なノーマルプラン、3社間契約で最大50万円までの少額債権を買い取るリーズナブルプランの3種類のプランを用意しています。
申込の段階でどのような資金調達がしたいか具体的に決まっている場合、担当者とのやり取りが少なくなるためスピード感のある資金調達が可能です。
郵送での契約や出張契約にも対応しているので、全国の事業者が利用できます。

2社間、3社間ファクタリング
手数料は4%~9%
非対面契約可能
最短即日入金
運営会社 株式会社アクシアプラス
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 4%~9%
買取金額 30万円~2,000万円
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 不明
必要書類 請求書、本人確認書類、決算報告書など
※その他に必要な資料は申込時に直接指示される

 

(8)アクセルファクター

アクセルファクターは、「クライアントの目線に立つこと」を第一に審査を実施しており、他社では書類が足りないといって断られた事業者にも真摯に向き合うことで解決策を探り、柔軟な対応を行っています。
アクセルファクターは自社のHP上で債権金額ごとの手数料目安を公開しているため、利用前にどの程度手元に資金が残るのかをイメージしやすい点は大きなメリットのひとつです。
日本マーティングリサーチ機構の調査(2022/4/25〜2022/8/2)で安心して利用できるファクタリングサービスNo.1を獲得している点も信頼できる優良業者であることを示しています。

2社間、3社間、医療ファクタリング
手数料は2%~10%
最短3時間で入金
オンライン完結
少額債権から高額債権まで幅広く買取り
運営会社 株式会社アクセルファクター
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2%~10%
買取金額 30万円~
入金スピード 最短3時間
非対面対応
債権譲渡登記 応相談
必要書類 売掛金が確認できる書類(請求書等)、代表者の身分証明書
入金が確認できる預金通帳、直近の確定申告書(所得税又は法人税)

 

(9)SOKULA

SOKULAは株式会社アクセルファクターが提供しているファクタリングサービスです。
原則即日振込をモットーにしており、最短2時間で資金調達が可能です。
実際に審査を通過した申込みの半数が即日入金されています。
審査通過率93%と、ほとんどの債権が買い取られている点も大きな特徴の一つです。
ただし、HPなどに契約に必要な書類などの記載がないため申込み前に資料の準備ができない点はデメリットといえます。
買取希望の請求書、本人確認書類、通帳コピーなど一般的にどのファクタリング会社でも提出が必要な書類はひと通り揃えておくといいでしょう。

2社間、3社間ファクタリング
手数料は2〜15%
オンライン完結可能
原則即日入金
審査通過率93%
運営会社 株式会社アクセルファクター
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2〜15%
買取金額 要問合せ
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 原則必要
必要書類 請求書、本人確認書類など

※その他に必要な資料は申込時に直接指示される。
通帳コピーや確定申告書など、必要であろうものは事前に準備しておくと◎

 

(10)QuQuMo(ククモ)



QuQuMo(ククモ)完全オンライン完結型のファクタリングサービスで、必要な情報と請求書をオンラインで提出するだけで簡単に資金調達することができます。
弁護士ドットコムが監修しているクラウドサインを使ってオンラインで契約を行うなど万全のセキュリティ対策をとっています。
スマホで完結できるので、法人はもちろん、個人事業主やフリーランスにも利用しやすいサービスです。

2社間ファクタリング
手数料は1%~14.8%
最短2時間で入金
オンライン完結
法人の場合、請求書と通帳コピー(入出金明細)、本人確認書類のみでOK
運営会社 株式会社アクティブサポート
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 1%~14.8%
買取金額 上限なし
入金スピード 最短2時間
非対面対応
債権譲渡登記 不要
必要書類 請求書、通帳コピー(3ヶ月分)、本人確認書類
※個人事業主のみ 開業届もしくは確定申告書一式(青白)

 

(11)PAYTODAY



PAYTODAYは独自のAI審査システムを活用することで最短審査15分を実現しているファクタリング会社です。
基本的には“オンライン完結かつ面談なし”ですが、必要によって電話や対面での面談も可能と柔軟な対応を行っています。
取り扱いは2社間ファクタリングのみですが、手数料は1~9.5%と低水準かつ上限が明確に設定されているのも特徴です。
HPでは実際の利用者の口コミを確認することが出来ます。

2社間ファクタリング
手数料は1~9.5%
オンライン完結(面談も可能)
最短45分で入金
運営会社 Dual Life Partners株式会社
対象事業者 法人/個人事業主/フリーランス
手数料 1%~9.5%
買取金額 10万円~上限なし
入金スピード 審査完了から最短30分
非対面対応
債権譲渡登記 不要
必要書類 請求書、本人確認書類、
通帳コピー、決算書(個人事業主の場合確定申告書)

PAYTODAY 公式サイトはこちら

 

(12)株式会社No.1 ファクタリング



株式会社No.1は2社間ファクタリングをメインに取り扱うファクタリング会社です。一般的な請求書などの売掛債権の他に、診療報酬や介護報酬債権の買い取りも行っています。
また、建築業特化型サービスや個人事業主特化型サービスなど、事業者の特質に合わせたサービスを複数展開しているので相談もスムーズに進めることができます。
基本的には対面での契約になりますが、オンラインでの対応も可能なのでまずは相談してみましょう。

2社間、3社間ファクタリング(2社間をメイン)
手数料は1%~15%
対面契約時、出張対応可能
最短即日入金
他社からの乗り換えサービスあり
運営会社 株式会社No.1
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 1%~15%
買取金額 50万円~5,000万円
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 応相談
必要書類 通帳コピー(3ヶ月分)、決算書(直近のもの)
請求書、発注書・納品書

 

(13)MSFJ



MSFJはMSFJ株式会社が運営しているファクタリングサービスで、「クイックファクタリング」という30万円~300万円の売掛債権を対象に最短即日で資金調達が可能なプランと、「プレミアムファクタリング」という30万円~5,000万円の高額債権を対象にしたプランの2種類を提供しています。
事前にお手持ちの売掛債権の金額で利用するプランを選べるのが特徴です。

2社間、3社間ファクタリング
手数料は1.8%~9.8%
オンライン完結可能
最短即日入金
他社からの乗り換えで手数料50%割引サービスあり
運営会社 MSFJ株式会社
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 1.8%~9.8%
買取金額 30万円~5,000万円
入金スピード 最短即日
非対面対応
債権譲渡登記 応相談
必要書類 身分証明書、通帳コピー、請求書、発注書
※追加書類が必要な場合あり

株式会社MSFJ 個人事業主専用ファクタリングはこちら

 

(14)LINK



LINKはHP上でAIを用いた10秒無料査定を提供しており、実際に見積もり依頼を出す前に概算の査定結果がわかるようになっています。
また、申し込みと同時に必要資料をアップロードすれば最短2時間で資金調達が可能です。
他社からの乗り換えの場合、手数料を割り引くなどの特典を用意しているようなので、今契約しているファクタリング会社から乗り換えを検討している方は相談してみてもいいいでしょう。

2社間、3社間ファクタリング
手数料は2%~14.9%
オンライン完結
最短2時間で入金可能
他社からの乗り換えで手数料割引サービスあり
運営会社 株式会社日本ビジネスリンクス
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2%~14.9%
買取金額 ~1億円
入金スピード 最短2時間
非対面対応
債権譲渡登記 原則必要
必要書類 請求書
身分証明書(運転免許書・パスポート等、顔写真付きのもの)
通帳すべて・当座通帳照合表(直近6ヶ月分)
決算書(直近1期分)
取引先との成因資料(基本契約書・契約書・発注書・注文書・納品書・ 支払い通知書・請求書など)

LINK 公式サイトはこちら

 

(15)Easy factor



EasyFactorは株式会社No.1が提供する完全オンライン完結型のファクタリングサービスです。
申込フォームに買取希望の請求書を添付しておけば、最短10分でどの程度手数料がかかるのかがわかるようになっています。
担当者とのやり取りはzoomにて行われるため、担当者の顔が見えない契約は不安だという方に向いているサービスです。

2社間ファクタリング
手数料は2%〜8%
完全オンライン完結型(zoomでの面談あり)
最短60分で入金可能
運営会社 株式会社No.1
対象事業者 法人/個人事業主
手数料 2%〜8%
買取金額 10万円~5,000万円
入金スピード 最短60分
非対面対応
債権譲渡登記 不要
必要書類 直近の決算書(個人事業主の場合は確定申告書)
請求書、通帳のコピー

 

 

5.まとめ

今回はファクタリングが危険なのか?を解説しました。
ファクタリングは経済産業省も推奨する売掛債権を利用した資金調達手段のひとつです。
今までの資金調達手段よりも圧倒的なスピードで資金繰りが可能になるサービスですので、資金繰りの選択肢のひとつとして従来の銀行融資などに追加して検討するのがいいでしょう。

一方で、まだ新しい資金調達手段ということもあり、法整備が整っておらず悪徳業者が存在しているのも事実です。
利用を検討しているファクタリング会社が信用に値するのかを必ずチェックするようにしましょう。

4.の章でご紹介したファクタリング会社はどこも優良ですが、各社それぞれ審査基準が異なりますので、最終的に手元にいくら資金が残るのかは見積もりを出してもらわないとわかりません
まずは問い合わせてみて、信用できる会社か、買取額はどのくらいかを確認することをおすすめします。

賢く資金繰りをして、安定した経営を進めていきましょう。